バニラエアが車椅子客にタラップを這い上がらせて大問題に!

最近、航空会社と乗客とのトラブルがよく問題になっていますね。

先日も、格安航空会社(LCC)のバニラエアが、

車椅子の男性客に搭乗拒否をし、その男性客が車椅子を降りて、

自力でタラップを這い上がって搭乗するというた問題が起きました。

結局、バニラエアが、車椅子の男性客で大阪府豊中市在住の

木島英登さんに対して謝罪することになりましたね。

今回のような問題が起こってしまった原因には、

バニラエアの規則や設備に欠陥があったことが挙げられます。

行きの関西国際空港の場合は、搭乗ブリッジがあるので

車椅子の方でも問題なく搭乗できます。

一方、奄美空港には、階段式のタラップでしか搭乗できなかったので、

車椅子の方が搭乗するのは容易ではありません。

そのため、搭乗手続きの際に、歩けないと乗れないと言われたとか。

その時は、同行する友人が車椅子ごと担いで降りてくれるからと伝え、

実際に、奄美空港では、友人のサポートで降りることができたみたいです。

問題が起こったのは、帰りの奄美空港でのことでした。

行きで降りる際に、同行者に車椅子ごと担いでもらいましたが、

実は、この行為はバニラエアの規則では、規則違反にあたるそうです。

だから、車椅子から降りて同行者のサポートでタラップを上れるなら

搭乗してもいいと職員に伝えられたとか。

たぶん、一度は友人に支えてもらって上ろうとも考えたと思います。

でも、木島英登さんは、友人の負担が大きいと考えて、

友人の手を借りずに、自力でタラップを這い上がったそうです。

このニュースを見て、バニラエアの職員が手助けするなど、

臨機応変に対応すればいいのにと私は思いました。

ただ、もしかしたら、職員の中には手助けした方がいいと

心のなかでは思っていた方がいたかもしれません。

しかし、規則があるので、動こうにも動けなかったんでしょう。

つまり、身体障害者が安心して乗れる規則づくりが

なされていなかったという問題が発覚したんです。

最初から、車椅子の方でも搭乗できる規則になっていたら、

今回のような問題は起きなかったはずです。

木島英登さんが自力でタラップを這い上がったことで問題が発覚し、

規則の改善が検討されるきっかけになったと言えます。

おかげで奄美空港にもアシストストレッチャーや

階段昇降機が導入されることになりました。

これで、車椅子の方でも問題なく搭乗することができます。

もし、自力ではなく友人に支えてもらってタラップを上っていたら、

今回のように大きく取り上げられることがなかったかもしれません。

そうしたら、アシストストレッチャーや階段昇降機などが

奄美空港に導入されることがなかったんじゃないでしょうか。