温泉まんじゅうは入浴前に食べるのがおすすめ!

温泉旅行した時の楽しみの一つがホテルや旅館です。お部屋に通された時、準備がされている温泉まんじゅうでお茶を一杯飲むと、ほっとして畳の部屋だと思わず大の字になって手や足を伸ばしたくなります。

ところで、この温泉まんじゅうなどのお菓子ですが、準備されているのにはちゃんとした理由があり、温泉に入る前に食べるのがおススメなんです。

実は、湯あたりの予防のために用意されているんだそうです。湯あたりの原因の一つが低血糖。

お風呂に入ると代謝が良くなりそのため血糖値が下がってしまいます。空腹で入ると低血糖になりやすくなるので、茶菓子は、その低血糖を予防するために置いてあります。

ある病院で実験した結果によると、空腹状態で30分入浴したら12人中8人が血糖値がさがり、その中にはその血糖値が入浴前は81だったのが入浴後は67まで下がったと言うデーターがあるそうです。

この67と言う数値は立ちくらみが起こるとても危険な状態。一方、入浴前にお菓子などの糖質を摂取した30分後に入浴すると、入浴前の81の数値が124まで上がっているそうです。

お風呂場で倒れたら大変なことになります。ですので、お風呂に入る前にお菓子は食べのがおすすめ!

さらに、緑茶も入浴前に飲んだ方が美肌効果が高まるそうです。緑茶には老化を抑える抗酸化作用があるカテキンが含まれていますが、入浴の30分前に飲むと吸収率が7倍も良くなるそうです。

これは、温泉だけでは無く家庭でのお風呂に入る時も同じ事が言えるそうなので、家で入浴する際も30分前に緑茶を飲んで入浴してみてはいかがでしょうか。