JR東海のCM「そうだ京都に行こう!」のスタッフが選んだ京都のオススメ紅葉3選!

「そうだ京都に行こう!」俳優の長塚京三さんのナレーションでおなじみのJR東海のCM、1993年にスタートして今年で25周年になるそうです。

残念ですが、今回の最新CMをもって長塚京三さんはナレーションを卒業。何だか、平成の終わりと一緒でさみしい気持ちになります。

長塚さんが最後となる今年の新しいCMに舞台は、一休さんのモデルになった一休宗純(いっきゅうそうじゅん)が晩年過ごした酬恩庵 一休寺。

境内には約200本のもみじが植えられているそうですが、来週の11月23日の頃が一番の紅葉の見頃だと予想されています。本堂の前の紅葉が一番色づきがいいそうです。

また、今日のサタデープラスでは、「そうだ京都に行こう!」のCMスタッフが選んだ京都のオススメ紅葉3選を放送していましたので紹介します。

●東福寺
1997年CM放送のロケ地東福寺。オススメポイントは、景観、アクセス共に良い。

アクセスは、京都駅からわずか1駅で行ける好立地。東京からの日帰りも可能。

●南禅寺 
1995年放送のCMのロケ地。おすすめポイントは、南禅寺の三門から見下ろすと紅葉が一面に広がるそうです。

また、南禅寺お近くには、永観堂、天授庵などの数多くの紅葉スポットがあるので歩いていけます。

さらに、近くには有名な湯豆腐のお店もあります。

●三千院
2008年放送のCMのロケ地。苔は春と秋がきれいな時で、秋は特に苔と紅葉のコントラストが素晴らしいそうです。

三千院は京都駅からバスと徒歩で75分ほどかかるのでアクセスはあまり良くありませんが、自然が豊かな場所なので是非一度訪れて欲しいと話されていました。