京都の桜の穴場情報!

お花見の季節になると、さらに訪れる観光客が多くなる京都。その為、桜の名所はどうしても混雑してしまいます。

しずかにゆっくり桜のお花見を楽しみたい言う方におすすめの京都の穴場スポットをTV【サタデープラス】で紹介していました。

桜の穴場スポットを紹介してくれたのは、JR東海のCM「そうだ京都、行こう。」の仕掛け人である黒木純洋さん。

黒木さんは1日に7~8カ所の京都中の桜を見にいっている桜の名所を知り尽くしている人なんです。その達人がすすめる穴場スポット3選。

平安神宮にある中神苑の桜

平安神宮は境内に300本の桜が植えられており桜の名所としてし良く知られていて多くの人が訪れます。しかし、その平安神宮に穴場スポットがあるんです。

黒木さんいわく「京都一と言って良いくらいの穴場スポット」なんだとか。それは、中神苑です。

平安神宮の神苑は普段は入ることができない非公開エリア。ですが、前売り券を事前に購入した方のみ4月6日から5日間だけ入園することが出来るそうです。

平安神宮の神苑非公開エリアの桜鑑賞入園できる日にちは、4月6日・7日・9日・10日・11日になります。

但し、入園するには事前にチケットを購入する必要があります。チケットの販売は平安神宮ではおこなっておりません。JR東海ツアーズ各旅行会社窓口で1500円(1人)で購入する事ができるそうです。

上賀茂神社の朝桜は必見!

京都最古の神社として知られている上賀茂神社も一本桜が有名で桜スポットとして良く知られています。この上賀茂神社での穴場スポットは早朝のお花見です。

早朝に桜を見に来ると桜と朝日のコラボは絶景。桜のシーズンしか見れない貴重なスポットなんだそうです。上賀茂神社の境内は、24時間出入り自由で拝観料もありません。

また、上賀茂神社の近くにはモーニングを行っている早朝営業のお店が多いそうです。早朝に桜を見てその帰りにモーニングを食べる。何だか贅沢な一日のはじまりです。

法金剛院

平安時代の初めて建てられた法金剛院には、厨子入木造十一面観音坐像、木造阿弥陀如来坐像など、国の重要文化財が数多く残っています。その法金剛院は知る人ぞ知るコアな桜の穴場スポットなんです。

こちらには、平安時代に桜が好きな皇后さまが奈良までわざわざ行ってもらってきたと言われているヒガンザクラ系のベニシダレザクラ変種の待賢門院桜が見事な桜の花を咲かせます。

この桜は、咲いている2週間の短い間に色が変化していきます。つぼみの時は濃い紫色、そして開花とともにピンク→薄ピンク→白と変化していくそうです。枝の広がり見事なので別名「紫のしだれ桜」とも呼ばれています。