カテゴリー
知って得する情報!

『マツコの知らない世界』車内販売の魅力

『マツコの知らない世界』に年間1000回、車内販売を利用していると言う清水ひろしさんが登場しました。

清水さんは鉄道も好きだが、特に車内販売がすきなんだそうです。清水さんを魅了し続ける車内販売の魅力を番組で紹介していました。

車内販売の最大の魅力は気遣い

清水さんは、車内販売の最大の魅力は気遣いだといいます。その気遣いを知ると旅はさらに楽しくなるのだそうです。

では清水さんが厳選した車内販売を紹介します。

東急鉄道の特急スペーシア『きぬ』

走行区間:浅草から鬼怒川温泉。
乗車時間は:約2時間 
全席指定席
料金1名:2,890円~ ※日時によって料金が変わります。

気遣いはワゴンにも表れていると、販売している商品は、左右対称に陳列されており、右側、左側の両サイドのお客さんが見えやすいように商品が並べてあります。

お弁当のメニューは、浅草観音裏の鶏釜めし弁当、浅草鶏シューマイ弁当、など人気の商品が販売されていますが、食事の時間になると売り切れてしまう事があるそうです。

ですが、車内には食事を販売しているカウンターがあり、温かい食事が用意されておりお弁当が売切れても食べられるようになっています。さらに、そこにはビールサーバーがあり生ビールまで飲める数少ない電車なんです。

しなの鉄道の観光列車『ろくもん』

走行区間は、軽井沢から長野まで、乗車時間は、およそ2時間10分。

列車の名前の『ろくもん』は、戦国武将真田一族の家紋六文銭が由来。

内装は、長野県産のからまつ・杉・檜の木材を車両ごとに分けて使っており、お土産品が買えるカウンターがあるのでそこで購入することができます。

また、乗車の合図はホラ貝でおこなうなど、戦国時代を彷彿させます。食事は、洋食と懐石料理のコースが用意されています。

津軽鉄道『ストーブ列車』

走行区間:津軽五所川原~津軽中里

昭和5年から運行している人気の列車。車内には懐かしのダルマストーブがあり、座席も昭和のレトロ感がただよっています。

清水さんが一番感動した気遣いは、アテンダントが1両に2人いて、つきっきりで観光名所の案内やお客さんと楽しい会話をしながら旅行を盛り上げてくれるそうです。

また、こんなサービスもしてくれます。車内販売で買ったスルメをダルマストーブで焼いて、食べやすい大きさにちぎってくれるサービスもあるんだとか。

なんだか、この列車に乗りたくなりますよね。

JR九州の『有る列車』

金色に輝く車体が特徴です。車内には、300年の歴史を誇る木材を使った伝統工芸「大川組子」を使用していて豪華。

アテンダントの洞察力が凄く気遣いはホテルマン並みで丁寧なサービスで感動したのだとか。

走る運行コースは時期によって変わるそうで、その一つのコースが海の景色が楽しめる長崎~佐世保間

もう一つが、山の景色が楽しめる大分~日田間。こちらは人気の由布院を通っています。

乗車時間は約2時間30分。料金は1名で2万5000円~。

カテゴリー
知って得する情報!

北海道小樽の地元の人に愛されている名物料理

TV番組『サタデープラス』の新コーナーではウド鈴木さんが小樽の人が密かに愛するご当時の名物料理を紹介しました。小樽に行ったらぜひ立ち寄って食べてみたい!

■中華食道 龍鳳
小樽駅から歩いて7分の小樽市稲穂にある中華食道 『龍鳳』のあんかけ焼きそばが紹介されました。

龍鳳にはあんかけ焼きそばが14種類もあるそうです。その中で、お店の人がオススメだったのが北海道らしくと言う事で「幸せの黄色いあんかけ焼きそば」

一体どんなあんかけ焼きそばなんだろう?

テーブルに運ばれてきたのは、両面をカリカリに焼かれた2人前の麺の上にはカボチャと生クリームをたっぷり使ったシチューのようなあんをたっぷりかけたボリュームたっぷりのあんかけそば。

あんがタップリなのは、寒い北海道でも冷めないようにするための知恵なんだそうで、小樽にはこのようなボリュームたっぷりのあんかけ焼きそばがたくさんあるそうです。

これで一人前なんだそうです。あんの中には、プリッとしたエビ、肉団子、蓮根などの具材がたっぷり入っています。

【中華食道 龍鳳】
住所:小樽市稲穂4-4-9
電話:0134-23-9918
営業時間:11:00~20:00

■魚介類を食べるなら青塚食堂
小樽市民ならだれでも知っているのが青塚食道。北海道の魚介類がお手頃価格で美味しく食べれる食道で有名なんだそうです。

ウドちゃんが注文したのは「花魚丼」。生のホッケを揚げて甘辛のタレを絡めた丼です。お値段がなんと792円(税込)安い!

この「花魚丼」は、40年ほど前に考案されたメニュー。青塚食道のおかみさんのお父さんがホッケ猟師で、その頃はホッケと言えば塩焼かひものしか無かったので、新しいホッケの食べる方法は無いかと考案したのがはじまり。

ホッケは魚の中でも腐りやすいので小樽の地元でしか食べれないメニューなんです。

その他にも、いくら丼、生うに丼、生ほたて丼、北海丼、うにいくら丼など、新鮮な魚介類が食べれるメニューがたくさん揃っています。

また、青塚食道は食道だけではなく、民宿もやっているので泊まることもできますよ。

【青塚食堂】
住所:小樽市祝津3丁目210番地
電話:0134-22-8034
営業時間:10:00~20:00
ホームページ:http://www2.odn.ne.jp/aotuka/index.html

■小樽のモンブランは栗のクリームではない!
最後に小樽のショートケーキのモンブランの話。モンブランと言うと栗を使ったクリームで作られていますが、小樽のモンブランはチョコケーキなんです。

理由は、昭和初期に東京のモンブランブームを聞いた小樽のお菓子職人が想像だけで作ったのがはじまり。そモンブランは岩肌をチョコレートに見立て、雪を生クリームで再現しました。

カテゴリー
知って得する情報!

京都屈指の紅葉名所『永観堂』ライトアップの時間と期間

京都市左京区にある永観堂の本尊は阿弥陀如来像は、後を振り返っている「みかえり阿弥陀」と言われ珍しいお姿で有名です。

庭園には、イロハモミジやオオモミジなどのモミジが約3000本植えられていて、紅葉の季節はお寺全体が赤く染まるの「もみじの永観堂」とうたわれている京都屈指の紅葉の名所です。

拝観料:10000 12月2日まで、※通常は600円

拝観時間:午前9時~午後4時まで

見どころは、池から見るモミジは、水面にモミジが映ってとてもきれいと評判です。

また、多宝塔からは紅葉の向こうに京都のまちを見渡すことができます。

永観堂では、20年以上前から夜になるとライトアップがされており、昼とはまたちがった幻想的な世界が楽しめます。近年は海外の方にも大人気で一年の中で最も観光客が多いそうです。

ライトアップの時間:17:30~21:00(受付終了20:30)

ライトアップの期間:2018年11月3日~12月2日

料金:一般:600円

カテゴリー
知って得する情報!

JR東海のCM「そうだ京都に行こう!」のスタッフが選んだ京都のオススメ紅葉3選!

「そうだ京都に行こう!」俳優の長塚京三さんのナレーションでおなじみのJR東海のCM、1993年にスタートして今年で25周年になるそうです。

残念ですが、今回の最新CMをもって長塚京三さんはナレーションを卒業。何だか、平成の終わりと一緒でさみしい気持ちになります。

長塚さんが最後となる今年の新しいCMに舞台は、一休さんのモデルになった一休宗純(いっきゅうそうじゅん)が晩年過ごした酬恩庵 一休寺。

境内には約200本のもみじが植えられているそうですが、来週の11月23日の頃が一番の紅葉の見頃だと予想されています。本堂の前の紅葉が一番色づきがいいそうです。

また、今日のサタデープラスでは、「そうだ京都に行こう!」のCMスタッフが選んだ京都のオススメ紅葉3選を放送していましたので紹介します。

●東福寺
1997年CM放送のロケ地東福寺。オススメポイントは、景観、アクセス共に良い。

アクセスは、京都駅からわずか1駅で行ける好立地。東京からの日帰りも可能。

●南禅寺 
1995年放送のCMのロケ地。おすすめポイントは、南禅寺の三門から見下ろすと紅葉が一面に広がるそうです。

また、南禅寺お近くには、永観堂、天授庵などの数多くの紅葉スポットがあるので歩いていけます。

さらに、近くには有名な湯豆腐のお店もあります。

●三千院
2008年放送のCMのロケ地。苔は春と秋がきれいな時で、秋は特に苔と紅葉のコントラストが素晴らしいそうです。

三千院は京都駅からバスと徒歩で75分ほどかかるのでアクセスはあまり良くありませんが、自然が豊かな場所なので是非一度訪れて欲しいと話されていました。

カテゴリー
知って得する情報!

高知へ行ったら日高村のオムライス食べに行こう!

高知県日高村に全国からオムライスを食べに来るお客さんが殺到しているのをご存知ですか?

ふわふわのオムライス、昔ながらのオムライス、あなたの好みのオムライスは?さまざまな味を楽しむことができる高知県日高村にある通称オムライス街道の秘密に迫ります。

オムライス街道が出来た理由♪

子供から大人まで年齢問わず誰にでも人気の洋食といえば「オムライス」。そのオムライスで経済効果が1億円以上という小さな村があります。そこは、高知県のほぼ真ん中に位置する日高村。

日高村の人口は5000人、全国の水質ランキングで3年連続1位の清流仁淀川が流れており、自慢の特産品はイチゴより糖度が高いと言われるシュガートマト。

ところが、日高村の知名度は高知県の人も知らない人が多く、毎年1000人ほどのペースで人口が減っている過疎化がすすんでおり、村の人口のほとんどが高齢と言う大きな問題を抱えていました。

村人は「なんとか、村に人を呼ばないとこの村は消えてしまう。」と、多くの住民が危機感を強く感じていました。 そこで、村の特産品であるシュガートマトを知ってもらうために、トマトからトマトケチャップ、ケチャップと言えばオムライスと言う事で、国道33号線をオムライス街道と名付けて村役場と一体となって村おこしがはじまったのです。

オムライス街道の約束♪

このオムライス街道に参加する店舗にはおいしい約束と言うのがあります。

・日高村のシュガートマトを使う
・できるだけ地元の野菜を使う
・食べるみんなを笑顔にする

この3つの約束のもと、参加店舗がそれぞれのオリジナルのオムライスを考案し、オムライス街道が始まったのは、昨年2014年の4月、それまでの日高村は、これと言った自慢できる物がないため通り過ぎる通過点でした。

ところが、地元の新聞に取り上げられると、口コミでどんどんひろがり、四国の人はもちろんですが、関西、関東など全国からお客さんが訪れ、人口5000人の村に観光客が約7倍も訪れ、あっと言う間に観光スポットになったのです。

オムライス街道では、洋食屋だけではなく、中華、居酒屋、たこ焼き屋など、日高村にある飲食店24店舗のうち、およそ半分のお店でこのオムライスが看板メニューとあって、昨年だけで6000食も売り上げ、平日でも100食を超えていると言うお店も! 各店舗とも予想を超える売り上げで、日高村で昨年販売されたオムライスの数は38,300食、その経済効果は1億円以上です。

しかし、ここまでくる道のりは険しく、実はこの村では、20年前はメダカを使って村おこしを考えたがうまくいかなく、15年前は、コスモスを使用した村おこしも実践したがこれも失敗に終わっているのです。

村の人は、経済効果ももちろんうれしいですが、それよりも嬉しいのが、若い人が増えて村に活気が出たことが一番嬉しいと、2年目の今年から、オムライスで幸せになりまた食べに来て欲しいという願いから、オムライス街道に黄色いハンカチを掲げることになりました。

また村では、特典つきの可愛いスタンプラリーが用意されており、スタンプラリーで6店舗すべてのスタンプがたまったら、参加店舗でお好きなオムライスを1品サービス。さらに、Wチャンスも!日高村の特産品を集めた「日高セット」を抽選でプレゼントしてもらえます。

日高村のシュガートマトの特徴♪

この、日高村の名産であるシュガートマトは、その名の通り、通常のトマトに比べて甘みが強いのが特徴で、通常のトマトが糖度5.0に対して日高村のシュガートマトの糖度は8.0以上! 一般のイチゴの平均糖度が7.0と言うのですから、どれだけ甘いトマトなのか良くわかります。

これだけの甘いトマトが日高村でつくることができるのは、山々に囲まれている環境で昼間と朝夕の寒暖の差が20度と温度差が激しいためトマト本来の甘味を引き出すことができるんだそうです。 日高村が属するJAコスモスでは、トマトの糖度や酸度を測定できる透過型の光センサーを備えており、高糖度のトマトだけが「シュガートマト」として出荷されます。

カテゴリー
知って得する情報!

廃校になった学校を再利用した宿泊施設『昭和ふるさと村』

少子化に伴って多くの学校が廃校となっているニュースをたまに耳にする事があります。

文部科学省によると、現存する公立小・中・高校の廃校となっている廃校数は5,943校。※2002年~2015年間

その中で活用されている校舎は4198校。約7割が再活用されているそうです。

自分が学んだ学校が廃校となってしまうのは、本当にさみしいものです。違ったかたちでも学校が残っていれば、そこでの思い出が再び蘇ります。

今回は、廃校になった学校を再活用した『昭和ふるさと村』を紹介します。

『昭和ふるさと村』は、2005年に廃校になった栃木県茂木町にあった木幡小学校を再利用して、昭和の暮らしが体感できる宿泊施設として再スタートしました。

昭和初期に建てられた趣のある木造校舎は、宿泊施設のほかに、そば打ちやこんにゃくなどの食べ物の手作り体験や陶芸体験が楽しめます。

広い校庭ではオートキャンプやグラウンド・ゴルフが楽しめ、自然に囲まれたテラスもありそこではBBQを食べる事もできます。

また、25mプールには「グランピング&水上ハウス」エリアが今年の8月に完成。さらに、露天風呂も完備されています。

人気の理由は昭和の暮らしを体験できることだけではありません。宿泊料金もお財布に優しい価格なので、家族全員で楽しめる宿泊施設として人気があります、

気になる方は公式ホームページで確認してみてくださいね。公式HP:昭和ふるさと村

カテゴリー
知って得する情報!

高校生が考案した観光プラン第七回グランプリ1位

観光プラン第七回グランプリとは

旅行の観光地巡りのプランと言えば、旅行会社が考案するものと思っていましたが、なんと現役高校生が自ら考案する観光プランのコンテストが開催されているのをご存知ですか?

しかも、今年で7年目と言う事で、去年の第6回までは「観光甲子園」という名称で開催されてます。
旅行会社とは、違う高校生の視点から考案されるプランは、ユニークな発想で知らなかった発見がたくさんあり
その中からは実際に大手旅行会社が取り入れたプランもあります。

あさチャンでは、グランプリの文部科学大臣賞を受賞した青森県立名久井農業高等学校が考案したプランと優秀作品賞の毎日放送社長賞を受賞した三重県立鳥羽高校が考案したプランを紹介します。

三重県立鳥羽高校の観光プラン

三重県立鳥羽高校の高校生が考案した観光プランのテーマは「人のあたたかさを感じる」です。このテーマで考えられたスケジュールは1泊2日で以下のようになります。

★1日目は答志島(とうしじま)

 ・海女小屋体験
 ・釣り体験
 ・路地裏散策
 ・民泊

★2日目の目的地は鳥羽(とば)

 ・鳥羽城跡
 ・まち散策
 ・鳥羽水族館めぐり

三重県立鳥羽高校の観光プランの内容

では、1日目の答志島(とうしじま)でのプランを紹介します。

■海女小屋体験

昼食は、この海女小屋で海女さんがとった、とりたての新鮮なサザエと鯛を、囲炉裏をかこんで海女さんが焼いてくれます。
そこでは、海女さんたちとと会話をしてコミニュケーションを楽しむことができます。
そして、昼食を摂ったら、その後は釣り体験。

■釣り体験

釣り体験では、釣り名人が手取り足取り丁寧に教えてくれるので、未経験の人も安心して釣りを楽しむことができます。
釣れる魚の種類は、フグやタイと高級魚なを釣ることができるのです。
そして、答志島の路地裏を散策しながら、今日の泊まる宿へ。

■民泊

本日の宿泊する場所は、なんと一般の家庭に宿泊。
実は、答志島には古くから伝わる『寝屋子制度』と言うのがあるそうです。
この「寝屋子制度(ねやこせいど)」は、中学を卒業した男子を地域の世話役の大人が面倒をみるという制度。
面倒を見てくれる家を寝屋、世話をしてくれるその家の主を寝屋親と言い、その家で世話をやかれる男子を寝屋子と呼ぶんだそうです。

昔は寝屋子になると毎日その寝屋で寝起きをしていたそうですが、時代と共にかわり、今は週末に月に一度か二度寝起きを共にするそうです。
しかし、この制度によって実の兄弟と同じ絆が生まれ、生涯助け合って生きて行く事ができるんだそうです。

名久井農業高等学校の観光プラン

観光プランのテーマは「戸(のへ)の里」を巡るミステリーツアー
岩手県北部から青森県にかけて、戸(のへ)の付いた地名が一戸から九戸まであります。
なぜ、地名に戸(のへ)が付いたのか、また、なぜか四だけは付いた地名がないのかそんな謎も追跡します。

このテーマで考えられたスケジュールは2泊3日

★1日目

 ・一戸町 史跡めぐり
 ・二戸市 景観
 ・九戸村 神社
 ・三戸町 神社

★2日目

 ・七戸町 牧場
 ・六戸町 物産館
 ・五戸町 レストラン
 ・八戸市 海岸

★3日目

 ・南部町 リンゴ狩り

名久井農業高等学校の観光プランの内容

このプランを訪れると、戸(のへ)に関わるある共通点が分かってきます。それは「馬」です。実は、岩手県北部と青森県南部は、平安時代から鎌倉時代まで名馬の産地と知られており、戸(のへ)とは大きな牧場と言う意味なんだそうです。

つまり、一戸~九戸にかけて大きな牧場があった事がわかり、そのまま地名として残っているのです。
しかし、不思議なことに、いまは四戸の付いた地名だけがありません。
そこで、名久井農業高等学校の生徒は四戸さんと言う名字が一番多い地域を電話帳で調べます。
すると南部町が一番多いことがわかります。

そして、岩手県のホームーページを見てみると、南部町が四戸と言われていたのではないかと考えられていると書かれていたのを見つけるのです。
このような、謎解きをしながら訪れる観光プランは、その地域の魅力を引き出してくれるものとしてグランプリにえらばれました。
いかがですが、今度の連休に家族で自分たちの観光プランを考えて旅にでかけてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
知って得する情報!

夏のキャンプの虫対策はLEDライトで解決!

夏の時期にキャンプをすると、夜、電灯に虫が寄ってきて虫が苦手な人はとても不愉快な思いをするかと思います。

その対策におすすめなのがLEDライトです。

実は、LEDライトにかえると虫はよって来なくなるんです。

どうして、蛍光灯には虫は集まって、LEDには虫は寄ってこないのかTV番組「ハナタカ優越感」で虫の専門家 五箇公一先生が解説。

それによると、昆虫は、人間には見えない400nmの光の波長の紫外線を感じて行動をしているそうです。

蛍光灯には、紫外線が入っているが、LEDには紫外線が入っていないそうです。

その為、LEDの光は人間には見えているが、虫には見えていないので虫が集まりにくいそうです。

但し、LEDライトには紫外線が入っている商品もあるそうなので、店員さんなに確認してから購入してくださいね。

カテゴリー
知って得する情報!

「おいでやす」と「おこしやす」の違い

京都の旅館などに行ったとき、当たり前のように言われている「おいでやす」と「おこしやす」ですが、実は旅館の方は使い分けて使っているんだそうです。

TBS「この差って何ですか?」では、京都の南禅寺の前にある京料理とお庭の宿「八千代」のおかみさんに「おいでやす」と「おこしやす」の違いについて話を聞きに行くと、おかみさんは「お客様によって使い分けている。」と

「おいでやす」を使うのは常連のお客様をお出迎えする際に使い。

「おこしやす」は、初めてのお客様に使っているそうです。

その理由なんですが、江戸時代の頃は、京都ではお客様をお出むかいする際には「おいでやす」を使うのが一般的でした。

ところが、東海道や中山道などの江戸から京都に向かう街道が整備され、全国から多くの人が京都にくるようになりました。

はるばる遠くから来てくれたお客さんに、ねぎらいの気持ちを込めて使う言葉として「おこしやす」が使われるようになったそうです。

この「おこしやす」と言う言葉ですが、漢字で書くと「お越しやす」と書きます。

これは、遠方から来る際にはいくつもの山を越えて京都に来ているので、そこからこの名前が使われるようになったようです。

今度、京都の旅館に泊まる機会があったら、旅館の人が何と言って出迎えてくれるのか少し楽しくなりませんか。

カテゴリー
知って得する情報!

アンチエイジングに必要な栄養素!

若い頃は気にもしなかったけど、最近は老化現象で悩む歳になったようです。

顔のシワが増えたという訳じゃないんですが、鏡を見ると、どことなくフケ顔になったような?

首筋にもイボのような出来物もポツポツあるし、こりゃアンチエイジングが必要かも?なんて思います。

でも老化現象は止められない!それは分かっているのです。

世の中には、コラーゲンやコエンザイムなど美容効果を高めるサプリが多いですよね。

さらに酵素関係のサプリやドリンクも増えました。

本当にアンチエイジングに必要な栄養素って何なんでしょうか?

知人の中には、最も有効なのは水だ!という人もいます。

水を変えただけで、健康はもとより若々しくなったと言います。

確かに一理あるように思えます。

彼女が飲んでいる水は、シリカウォーターといってケイ素を多く含んだミネラルウォーターだそうです。

このケイ素という成分もアンチエイジングに必要な栄養素らしいのです。

わたしもアンチエイジングに挑戦したいと思います。