カテゴリー
花見

京都の桜の穴場情報!

お花見の季節になると、京都に訪れる観光客はさらに多くなります。その為、桜の名所と言われるところに行くと、花見と言うよりも人を見に出かけているようで疲れてしまいます。

しずかにゆっくり桜のお花見を楽しみたい言う方におすすめの京都の穴場スポットをTV【サタデープラス】で放送していましたのでそのスポットを紹介します。

番組で桜の穴場スポットを紹介してくれたのは、JR東海のCM「そうだ京都、行こう。」の仕掛け人だという黒木純洋さんと言うかた。

なんでも黒木さんは1日に7~8カ所の京都中の桜を見にいっている桜の名所を知り尽くしている人なんだそうです。その達人がすすめる穴場スポットなら間違いない!

平安神宮にある中神苑の桜

平安神宮は境内に300本の桜が植えられている桜の名所としても良く知られていて多くの人が訪れます。今回、黒木さんが紹介した穴場は、普段入れない非公開エリア。

黒木さんいわく「京都一と言って良いくらいの穴場スポット」なんだとか。それが中神苑です。

平安神宮の神苑は普段は入ることができません。ですが、前売り券を事前に購入した方のみ4月6日から5日間だけ入園することが出来るそうです。

平安神宮の神苑非公開エリアの桜鑑賞入園できる日にちは、4月6日・7日・9日・10日・11日になります。

但し、入園するには事前にチケットを購入する必要があります。チケットの販売は平安神宮ではおこなっておりません。JR東海ツアーズ各旅行会社窓口で1500円(1人)で購入する事ができるそうです。

上賀茂神社の朝桜は必見!

京都最古の神社として知られている上賀茂神社も一本桜が有名で桜スポットとして良く知られています。

今回、黒木さんがおすすめする上賀茂神社での穴場スポットは早朝のお花見です。

早朝に桜を見に来ると桜と朝日のコラボが絶景で桜のシーズンしか見れない貴重なスポットなんだそうです。上賀茂神社の境内は、24時間出入り自由で拝観料もありません。早起きが出来る方にはおすすめですね。

また、上賀茂神社の近くにはモーニングを行っている早朝営業のお店が多いそうです。早朝に桜を見てその帰りにモーニングを食べる。何だか贅沢な一日のはじまりです。

法金剛院

平安時代の初めて建てられた法金剛院には、厨子入木造十一面観音坐像、木造阿弥陀如来坐像など、国の重要文化財が数多く残っています。その法金剛院は知る人ぞ知るコアな桜の穴場スポットなんです。

こちらには、平安時代に桜が好きな皇后さまが奈良までわざわざ行ってもらって来たと伝えられているヒガンザクラ系のベニシダレザクラ変種の待賢門院桜が見事な桜の花を咲かせます。

この桜は、花が咲いているの2週間の短い間に色が変化していきます。つぼみの時は濃い紫色、そして開花とともにピンク→薄ピンク→白と変化していくそうです。枝の広がり見事なので別名「紫のしだれ桜」とも呼ばれています。

カテゴリー
花見

京都にある北野天満宮の梅苑開園日はいつまで?

学問の神様としてしられている菅原道真公をおまつりしている京都にある北野天満宮は、50種類の梅の木が約1,500本も植えられている梅苑があり、花が満開になる2月になると梅苑が開園され多くの方が梅の花を見に訪れます。

今年、平成31年の梅苑開園日は、2月初旬から3月25日まで、梅苑内には、白梅、紅梅、一重、八重などの約1,500本の梅の花が紅白に満開になります。

梅苑が公開されている時間帯ですが昼間は9時~16時まで、入苑料は中学生以上の大人が800円、子供は400円になりますが、いずれもお茶とお菓子がついています。

梅の花の下でお茶とお菓子をいただくことができるのは1年の中でもこの時期だけです。一度、体験してみたいですね。

また、金曜日・土曜日、日曜日の週末限定になりますが、日没から8時までの夜にはライトアップがされ、昼間とはまた違った幻想的な梅の花の景色を見ることができすろうです。

菅原道真公の祥月命日である2月25日には、梅花祭と梅花祭野点大茶湯(ばいかさいとばいかさいのだておおちゃのゆ)が開催されます。
上七軒の舞子・芸妓・女将さんたちの奉仕により、華やかな野点を楽しむことができ毎年多くの観梅者で賑わうそうです。

北野天満宮のアクセス
住所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
連絡:075-461-0005

カテゴリー
花見

【2018年】桜マニアおすすめの東京の桜の穴場

桜を追って23年の桜マニアの中西一登さんがTV番組『サタデープラス』に出演し東京都内の桜がきれいな穴場の名所を紹介しました。その内容を記載しています。

■新宿にある戸山公園
ここは、桜の時期にTVの取材を申し込んでも、来園されるお客さんの迷惑になるからと取材の許可が下りなかった桜の名所。今回、初めて朝のテレビの取材だからという事で特別取材がOKになったとの事でした。

桜マニアの中西さんが特におすすめの場所は、箱根山と言う人工で作った小さな築山を登ったところ。そこから見ると目の高さの桜が360°の桜を見ることができます。

桜は夜栄養を吸って、朝はみずみずしい桜を見ることが出来るので朝桜を見るのがおススメ!

■駒込の六義園の夜桜
六義園は江戸時代からある庭園。さくら茶屋の前に咲くしだれ桜(品種:エドヒガン)の高さは約15メートル、幅は約20メートル。今週水曜日からライトアップを開始。ライトアップされたしだれ桜は見事。

桜の種類で桜が咲く順番は、しだれざくら⇒ソメイヨシノ⇒八重紅しだれ、この順番で桜は咲くそうです。

平成30年3月21日(水曜日・祝日)~4月5日(木曜日)
9時00分~21時00分(最終入園は20時30分)

入園料:300円 ※ライトアップは4月5日まで。

カテゴリー
花見

【2018年】インスタ映えする桜の名所|「サタデープラス」で紹介

今年も桜のシーズンがやってきました。Tv番組「サタデープラス」では、桜の事を知り尽くした達人が出演し今年注目されるだろうインスタ映えする桜の名所を紹介していました。

桜色に染まるトンネル

滋賀県甲賀市にあるミホミュージアム。ここでは美術品だけでなく建造物も全てアートな美術館として人気。

その、ミホミュージアムにあるトンネルから見る桜がインスタ映えすると注目されているんだそうです。

トンネルはステンレスで出来ていて、満開に咲いた桜の花のピンク色が反射してトンネルの全体が鮮やかなピンク色に染まります。

例年の見ごろは4月中旬頃。詳しくは公式ホームページで確認してくださいね。MIHO MUSEUM公式ホームページ

ハートに見える桜

京都の宇治茶の産地として知られている京都府宇治田原町に町を見下ろす高台に800年の歴史がある正寿院(しょうじゅいん)というお寺があります。

そのお寺にある和室の猪目窓がハート型にくり抜かれていて、そこから見る桜がハート型でとてもかわいいと話題になっています。

今年から夜の桜のサイトアップが開催されることになりました。桜の見ごろは4月の中旬。1日50人限定で完全予約制なので急いで予約した方がいいかも。正寿院公式ホームページ

今年桜の新種を確認

今年の3月に国内の野生種として100年ぶりの新種の桜が和歌山県で確認されました。その桜が「クマノザクラ」

クマノザクラの特徴は、他の桜と比べて花が鮮やかなピンク色をしています。開花の時期も3月中旬~4月上旬までと少し早いのが特徴です。

日本で有名な桜と言えばソメイヨシノですが、日本で咲いている桜の8割がこのソメイヨシノだと言われています。

実は、クマノザクラのような野生種が国内に分布する種類は13種しか確認されていないそうで、その中の10種が東京で確認できるそうです。※種の分類には諸説あり

【東京で見られる桜の野生種10種】
ヤマザクラ・・・皇居外苑の北の丸公園など
マメザクラ・・・多摩地区
エドヒガン・・・八王子など
ホシザクラ・・・町田・八王子
カスミザクラ・・・多摩地区
ヤブザクラ・・・町田・八王子
オオシマザクラ・・・多摩地区など
オオヤマザクラ・・・奥多摩
チョウジザクラ・・・多摩地区
タカネザクラ・・・奥多摩

ソメイヨシノはクローン!?

ソメイヨシノは、江戸時代に野生種のエドヒガンとオオシマザクラの2種類がかけ合わせて出来た桜だと言われています。

そのソメイヨシノですが、タネで自然に増やすことができません。ソメイヨシノを増やすために人工的にソメイヨシノの枝を他の桜にさしこんで「つぎ木」という方法で苗を作って増やしてきたクローンだと言う事が分かっています。

本土では桜の開花の時期です。桜の開花の発表の基準となる標本木は全国に58地点で観測されています。

東京ではソメイヨシノの開花の基準となる標本木は靖国神社にあります。5~6輪咲いていれば開花が発表されます。今年の2018年は3月17日に東京でソメイヨシノの開花が発表されました。

カテゴリー
花見

六義園のしだれ桜

東京駒込にある都立公園六義園。しっかり管理されている日本庭園は1695年から7年かけて作られた回遊式築山泉水庭園。

庭園に訪れると、日頃のストレスを解消し安らぎを与えてくれるので、私も時々訪れていました。

その六義園が一年の中で、一番訪れる人が多い季節が桜が咲く季節。しだれ桜が有名で満開になる季節にには2週間で20万人以上の人が訪れる名所。

六義園のしだれ桜は2本あります。「大きなしだれ桜」と「鶴姫のしだれ桜」です。

正門を入り庭園の中心部に入るための内庭大門をくぐると「大きなしだれ桜」があります。満開になると半月のような月が半分になったような形になり、日本でもこのような半円はとっても珍しいそうです。

このしだれ桜の形を守るために管理がとてもたいへん。特に雪が枝に積もると折れやすいため、雪が降る夜には職員が寝ないで雪を落としながらしだれ桜を守っているそうです。

見ごろはソメイヨシノよりも少し早く3月下旬ごろ。六義園では、毎年この桜が咲く時期にはライトアップを行っており春の風物詩として親しまれています。今年も平成29年3月16日(木)~4月6日(木)まで行っています。

カテゴリー
花見

旅行のプロが選んだ桜の名所ベスト3!


いよいよ待ちに待った桜の季節がやってきますね。春休み桜を見に行かれる予定の方も多いかと思います。

毎年当たり前のように見ている桜ですが、桜は大変繊細な植物で害虫が桜の木を食べてしまったり、土の状態が悪いと桜の木の根っこが悪化してしまうそうです。ちゃんと手入れをしていないと桜の花は咲かないそうです。

先日、林修の「初耳学」という番組で、旅行のプロフェッショナルが選んだ桜の名所ベスト3紹介。旅行専門誌「じゃらん」統括編集長のとっても美しい大橋菜央さんが、これから見頃の桜と知的好奇心が満たされる桜の名所ベスト3を初耳学のために厳選。その内容を紹介します。

■静岡県伊東市【川奈ホテル】
静岡県伊東市にある川奈ホテルは80年以上の歴史があるホテル。古くから多くの政治家や著名人が訪れることで知られています。

桜の名所としても有名で広大なホテルの敷地内には約30種類の桜がおよそ9000本もの桜が植えられています。川奈ホテルのある伊東市は気候が温暖なため、1月下旬から桜が開花し毎年数多くのお客様の目を楽しませてくれています。

その桜で、もてなした大統領が元ロシア大統領のボリス・エリツィン(任期1991年~1999年)。

1998年 川奈ホテルで日露首脳会談が行われた際、川奈ホテルでは当時のエリツィン大統領のおもてなしとして桜を見て楽しんでもらおうと、来日する4月10日に合わせて桜のソメイヨシノを咲かせるために、気温が低く涼しい天城山にソメイヨシノを根こそぎ植え替えて、開花を遅らせるためにトラックで移動し保管したそうです。

ところが、エリツィン大統領の来日が1週間以上延期になってしまい、結局ソメイヨシノは、そのまま天城山で開花してしまい、エリツィン大統領が来日した日にはソメイヨシノは葉桜になってしまいました。

エリツィン大統領を桜の花で迎えようとしたおもてなしが叶わないとおもわれました。

しかし、大統領の来日に合わせるかのようにソメイヨシノとは違う別種の八重桜が例年よりも10日以上も遅れて開花。その八重桜をティーラウンジに飾ってお迎えしたそうです。

その八重桜ですが、現在、八重桜ではなく”エリツィン桜”と言われているそうです。今年の開花予想は3月の下旬。そのエリツィン桜を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

■世界遺産に登録された熊野古道
紀伊半島熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道。古くから蟻の熊野詣と言われるほど多くの参詣者が訪れています。

熊野古道には、那智の滝などがあり有数なパワースポットとして注目されています。

その中で桜の名所として知られているのが、熊野本宮大社・旧社地・大斎原。70本のソメイヨシノやしだれ桜が咲き大鳥居と桜のコラボレーションは見ごたえがあります。今年2017年の開花予想は3月下旬。

そこからほど近くに、世界遺産に登録された日本最古の温泉「湯の峰温泉」があります。注目は隠れ家的な温泉の天然岩風呂のつぼ湯。誰でも入浴する事ができますが、お風呂の大きさが2人~3人しか入れない広さなので予約制になっています。(料金:30分大人770円)

この温泉は不思議な現象がおきます。1日の中で温泉の色が、透き通る青から乳白色へと変化するんです。原因は、つぼ湯の浴槽の中から源泉が湧きだし、温泉に含まれる粒子の大きさが変化することで光の散乱の仕方が変わり色が変化するのだとか。一度入ってみたいですね。

大橋さんが、おススメのホテルが「わたらせ温泉 ホテルささゆり」。最大500人は入れる西日本最大級の露天風呂や地元の素材をふんだんに使った料理など、サービスに定評があり60回以上のリピーターもいるんだそうです。

■桜の名所100選に選ばれた日本三名橋から見る桜
山口県・岩国市にある日本名橋の一つ錦帯橋(きんたいきょう)は、日本さくらの名所100選にも選ばれています。ソメイヨシノをはじめとする数多くの桜が咲き誇り、錦帯橋と満開の桜が織り成す景観は圧巻。それを楽しみに春になると多くの方が訪れます。今年2017年の開花予想は3月下旬。

この、錦帯橋ですが、橋をより長く美しく見せるために、ある工夫がされているんだそうです。実は橋の幅を変えています。

橋のアーチ根元の幅は5m5cm、アーチの頂点の橋の長さは4m95cm。意図的に幅を変えて遠近感を強調。目の錯覚を利用してよりのびやかに美しく見えるように工夫されているんです。

大橋さんが、おススメのホテルが「岩国国際観光ホテル」。最大の売りは、露天風呂に入りながら錦帯橋と桜を眺める事ができます。

【豆知識】
ここで予約をする時のプロの技を紹介します。
ネットで宿探しをしても、どこも満室になっている事ありますよね。特に旅行シーズンは大変です。そんな時もまだ泊まれる可能性があるんだそうです。

大橋さんが伝授するテクニックは2つ。
一つ目は、宿泊予定の4日前に空室があるか確認する。これはキャンセル料が発生するのは3日前からの宿が多いのがポイント!キャンセル料が発生しない4日前にキャンセルする人がいるので、キャンセルが出る可能性が高い。
という事は、泊まりたいホテルのホームページを見て、キャンセル料がいつ発生するのか確認して、その前日に確認すると空いている可能性があるかもしれません。

二つ目は、宿に直接電話をかけて確認する。
ネット予約枠と電話予約枠が用意されているので、電話をかけて問い合わせると電話予約枠で予約がとれることがあるそうです。