旅行のプロが選んだ桜の名所ベスト3!


いよいよ待ちに待った桜の季節がやってきますね。春休み桜を見に行かれる予定の方も多いかと思います。

毎年当たり前のように見ている桜ですが、桜は大変繊細な植物で害虫が桜の木を食べてしまったり、土の状態が悪いと桜の木の根っこが悪化してしまうそうです。ちゃんと手入れをしていないと桜の花は咲かないそうです。

先日、林修の「初耳学」という番組で、旅行のプロフェッショナルが選んだ桜の名所ベスト3紹介。旅行専門誌「じゃらん」統括編集長のとっても美しい大橋菜央さんが、これから見頃の桜と知的好奇心が満たされる桜の名所ベスト3を初耳学のために厳選。その内容を紹介します。

■静岡県伊東市【川奈ホテル】
静岡県伊東市にある川奈ホテルは80年以上の歴史があるホテル。古くから多くの政治家や著名人が訪れることで知られています。

桜の名所としても有名で広大なホテルの敷地内には約30種類の桜がおよそ9000本もの桜が植えられています。川奈ホテルのある伊東市は気候が温暖なため、1月下旬から桜が開花し毎年数多くのお客様の目を楽しませてくれています。

その桜で、もてなした大統領が元ロシア大統領のボリス・エリツィン(任期1991年~1999年)。

1998年 川奈ホテルで日露首脳会談が行われた際、川奈ホテルでは当時のエリツィン大統領のおもてなしとして桜を見て楽しんでもらおうと、来日する4月10日に合わせて桜のソメイヨシノを咲かせるために、気温が低く涼しい天城山にソメイヨシノを根こそぎ植え替えて、開花を遅らせるためにトラックで移動し保管したそうです。

ところが、エリツィン大統領の来日が1週間以上延期になってしまい、結局ソメイヨシノは、そのまま天城山で開花してしまい、エリツィン大統領が来日した日にはソメイヨシノは葉桜になってしまいました。

エリツィン大統領を桜の花で迎えようとしたおもてなしが叶わないとおもわれました。

しかし、大統領の来日に合わせるかのようにソメイヨシノとは違う別種の八重桜が例年よりも10日以上も遅れて開花。その八重桜をティーラウンジに飾ってお迎えしたそうです。

その八重桜ですが、現在、八重桜ではなく”エリツィン桜”と言われているそうです。今年の開花予想は3月の下旬。そのエリツィン桜を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

■世界遺産に登録された熊野古道
紀伊半島熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道。古くから蟻の熊野詣と言われるほど多くの参詣者が訪れています。

熊野古道には、那智の滝などがあり有数なパワースポットとして注目されています。

その中で桜の名所として知られているのが、熊野本宮大社・旧社地・大斎原。70本のソメイヨシノやしだれ桜が咲き大鳥居と桜のコラボレーションは見ごたえがあります。今年2017年の開花予想は3月下旬。

そこからほど近くに、世界遺産に登録された日本最古の温泉「湯の峰温泉」があります。注目は隠れ家的な温泉の天然岩風呂のつぼ湯。誰でも入浴する事ができますが、お風呂の大きさが2人~3人しか入れない広さなので予約制になっています。(料金:30分大人770円)

この温泉は不思議な現象がおきます。1日の中で温泉の色が、透き通る青から乳白色へと変化するんです。原因は、つぼ湯の浴槽の中から源泉が湧きだし、温泉に含まれる粒子の大きさが変化することで光の散乱の仕方が変わり色が変化するのだとか。一度入ってみたいですね。

大橋さんが、おススメのホテルが「わたらせ温泉 ホテルささゆり」。最大500人は入れる西日本最大級の露天風呂や地元の素材をふんだんに使った料理など、サービスに定評があり60回以上のリピーターもいるんだそうです。

■桜の名所100選に選ばれた日本三名橋から見る桜
山口県・岩国市にある日本名橋の一つ錦帯橋(きんたいきょう)は、日本さくらの名所100選にも選ばれています。ソメイヨシノをはじめとする数多くの桜が咲き誇り、錦帯橋と満開の桜が織り成す景観は圧巻。それを楽しみに春になると多くの方が訪れます。今年2017年の開花予想は3月下旬。

この、錦帯橋ですが、橋をより長く美しく見せるために、ある工夫がされているんだそうです。実は橋の幅を変えています。

橋のアーチ根元の幅は5m5cm、アーチの頂点の橋の長さは4m95cm。意図的に幅を変えて遠近感を強調。目の錯覚を利用してよりのびやかに美しく見えるように工夫されているんです。

大橋さんが、おススメのホテルが「岩国国際観光ホテル」。最大の売りは、露天風呂に入りながら錦帯橋と桜を眺める事ができます。

【豆知識】
ここで予約をする時のプロの技を紹介します。
ネットで宿探しをしても、どこも満室になっている事ありますよね。特に旅行シーズンは大変です。そんな時もまだ泊まれる可能性があるんだそうです。

大橋さんが伝授するテクニックは2つ。
一つ目は、宿泊予定の4日前に空室があるか確認する。これはキャンセル料が発生するのは3日前からの宿が多いのがポイント!キャンセル料が発生しない4日前にキャンセルする人がいるので、キャンセルが出る可能性が高い。
という事は、泊まりたいホテルのホームページを見て、キャンセル料がいつ発生するのか確認して、その前日に確認すると空いている可能性があるかもしれません。

二つ目は、宿に直接電話をかけて確認する。
ネット予約枠と電話予約枠が用意されているので、電話をかけて問い合わせると電話予約枠で予約がとれることがあるそうです。