カテゴリー
海の旅

【サタデープラス】大泉洋が一押しのイカゴロルイベが食べられる帯広のお店は?

TV【サタデープラス】通称サタプラで俳優の大泉洋さんが帯広に行ったら必ず立ち寄るお店と言っていた北海道帯広のイカゴロルイベが食べられるお店は『炉ばた魚千』。帯広駅北口から徒歩5分という立地。

大泉さん一押しのイカゴロルイベですが、イカのワタを醤油漬けしてイカの胴に詰めて冷凍にした珍味。ですがこのメニューは、生イカが獲れた時しか食べれないそうです。

しかし、その他に新鮮な野菜や魚介類が食べれるメニューが豊富にあるので、いつも地元の人で一杯。なかなか予約がとれないんだそうです。

中でも一番の名物が、大泉洋さんが「クソババァー」と呼ぶとい言う女将さんです。面白い!カウンター席から目立つ所にあるメニューが書かれたホワイトボードには、メニューの最後に「私(時価)」と書いてある。女将さんいわく「今が旬なので高いです。」との事。お茶目!一度話してみたくなりますね。

■炉ばた「魚千」
・住所:帯広市西2条9-20
・電話:0155-25-1569
・営業時間:17:00~23:00
・定休日:第2・4日曜

カテゴリー
海の旅

あなたも行きたくなる金沢城

加賀百万石と言われた加賀藩の藩主前田氏の居城だった事で知られる金沢城は北陸を代表する名城です。

元々、金沢城のある土地は、加賀一向一揆の拠点となった浄土真宗の寺院「尾山御坊(おやまごぼう」が建立されていた跡地ですが、戦国時代に織田信長が一揆を攻め落とし金沢城を築き、その家臣であった佐久間盛政が初代の城主になります。

その後、賤ヶ岳の戦いで佐久間盛政は羽柴秀吉により討たれ、天正11年に秀吉から前田利家に与えられ明治2年まで利家が居城としていました。

金沢城の特徴の一つが美しい外観です。白漆喰の白い壁に幾何学模様に海鼠(なまこ)壁が施されていますが、これは、雪が多く寒さや乾燥が厳しい北陸の気候から壁を守る為に耐久性と耐水性が高いなまこ壁を使ったそうです。

また、屋根には普通の瓦ではなく、木でつくった屋根に鉛瓦が葺かれています。時が経つにつれてダークグレイから、薄っすらと雪がかぶさったような色に変わり光を反射して白く輝きます。

このような美しい城を作った前田利家は戦国を代表する武将ながら、とても芸術に造形が深かったため美意識が高かったと言われています。

しかし、かつての金沢城は宝暦の大火によって全焼してしまいます。戦後、城内には新設された金沢大学の丸の内キャンパスとして使われていました。

1995年(平成7年)金沢大学が城外に移転したため、金沢城址公園として整備を開始し金沢城の復元工事がすすめられ美しい金沢城が蘇りました。

【金沢城情報】
住所:〒920-0937 石川県金沢市丸の内1-1
電話番号:076-234-3800
開園時間:【兼六園・金沢城公園】 年中無休
・3月1日~10月15日  7:00~18:00 (退園時間)
・10月16日~2月末日 8:00~17:00 (退園時間)
入園料:大人(18歳以上)310円 / 小人(6歳~18歳未満)100円

カテゴリー
海の旅

紅葉の季節到来!今しか見えない絶景ポイントとして話題になっている川俣ダム

紅葉のが映える意外なスッポットとしてネット上で話題になっているのが、栃木県日光市にある川俣ダム。

川俣ダムの周りには、とちぎの景勝100選に選ばれた瀬戸合峡があり、深度100mにも及ぶ切り立った岸壁が約2kmにわたり広がっています。

紅葉がきれいな場所としてしられており、毎年観光客が訪れているんだそうですが、今年は、意外なショットがネット上で話題になっているんです。

それは、ダムを工事している足場と紅葉のショットです。

「紅葉と迫力のある眺めがすごい!」「これは芸術」などと、中々見られない景色として、10月ごろからネットで話題となっているそうです。

発端は、一般の人がツイッター上にアップし、それがリツイートで2万、いいねで5万とSNSで話題になったそうで、

関係者も、この足場が話題になるとはと驚いているそうで、昨年よりも10月の来客数が10~15%アップしているそうです。

ちなみに、紅葉と足場のコンビネーションでおすすめの撮影ショットは、川端ダムの上と渡らっしゃい吊り橋なんだそうです。

峡谷内にある川俣ダム正面の岸壁に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は絶景で、冬になると閉鎖されてしまうので、是非この紅葉に時期に行ってみてはいかがでしょう。

カテゴリー
海の旅

泊まれる廃校『ふるさと憩いの家』|情報番組『あさチャン』で放送

一度は泊まってみたい。そんな思いに多くの大人がなるのではないだろうか。昔懐かしい木造の小学校が廃校がになり宿泊施設になって誕生。四国の愛媛県にある『ふるさと憩いの家』です。ここでは、ふるさと憩いの家の魅力、場所や宿泊料金など紹介しています。

ふるさと憩いの家のアクセス

連日満室! 予約殺到の泊まれる廃校『ふるさと憩いの家』は、愛媛県今治市にあった旧宗方小学校の木造校舎をリノベーションした、廃校を利用した宿泊施設です。

住所:愛媛県今治市大三島町宗方5208-1

とにかく、ロケーションが最高!
宿泊施設は海辺にあるので、歩いて10秒の所にブライべートビーチがあります。

さらに新しく、海が目の前に見える場所にオーシャンビューのお風呂施設が完成!
お風呂に入りながら瀬戸内海が一望できます。

それだけではありません。夕食の食事も瀬戸内海でとれた豪華な海の幸の食事が用意されており。1泊2食付で大人7000円~と、宿泊料金もお財布に優しい!もちろん素泊まりもできます。(5000円)

お部屋は、洋室の個室と畳の和室があり、修学旅行のように団体で泊まれる大部屋も用意されています。

連絡先 電話番号 0897-83-1111

『ふるさと憩いの家』公式ホームページ 

カテゴリー
海の旅

観光客や移住者が急増中の種子島の魅力

東京から5時間で行ける鹿児島県種子島が今観光客が急増している人気の観光地になっているそうです。

その理由の一つが、宇宙開発や研究を行っている機関でJAXAが管理している施設種子島宇宙センター。

建物によっては一般の人が自由に入る事が可能で中には、宇宙ステーションの模型や実物のロケットをまじかで見ることができます。

そこにはJAXA職員用の食堂があり、一般の人も利用が可能。そしてロケットの打ち上げの日には、東京や大阪など全国から打ち上げを見に種子島にこられています。

また、日本最大の世界一美しい射場と称される種子島宇宙センターの景色とともに、ロケットの打ち上げを見ることもできツアー見学は無料です。

もう一つの種子島の人気の理由はサーフィンができる海。

種子島には15カ所のサーフィンスポットがあり、東京、広島、大阪など全国からこの波を求めてやってきたサファーがあり、一度種子島に観光で来た人が、海の魅力に魅せられて移住者も増えているそうです。

カテゴリー
海の旅

沖縄でウィンターイルミネーションを楽しむならカヌチャリゾート!

沖縄の北部やんばるの壮大な森と東海岸のきれいな海が広がるローケーションに建っているのがカヌチャリゾート。

約80万坪の広大な敷地には8つのタイプのホテル棟と沖縄屈指のゴルフコースがあり、プール、スパなどのアクティビティが充実した大型リゾートホテル。

12月のカヌチャリゾートの楽しみと言えば、カヌチャリゾートの広大な敷地の中でウィンターイルミネーション『スターダストファンタジア』が開催されています。

『ガーデンプールスクエア』と『ルミナスガーデンエリア』の2つのエリアに分けて、そのシーズンに合わせた限定のイルミネーションやイベントが用意されています。

ガーデンプールスクエアでは、県内初の3Dプロジェクションマッピング×イルミネーションのコラボレーションが行われており、幻想的な不思議な世界を体験する事ができます。

3Dプロジェクションマッピング×イルミネーションのコラボレーションは2017年2月14日まで。2017/2/15(水)~2/28(火)は、3Dプロジェクションマッピング単体での上映となるそうです。

もう一つのスターダストファンタジアでは、4つの期間に分けて、イベントやアトラクションが用意されています。

11月1日~11月30日までは、ひと足早いクリスマス気分が味わえる『アーリークリスマス』
12月1日~12月25日までは、 ロマンチックなクリスマスを彩る『スイートクリスマス』
12月26日~1月14日の期間は、新しい年の到来を喜ぶ『ハッピーニューイヤー』
そして、1月15日~2月14日までは大切な人との『スイートバレンタインデイ』

南国沖縄のカヌチャリゾートで大切な人とのかけがえのない思い出を作りませんか。

カテゴリー
海の旅

冬にゴルフをするなら沖縄のゴルフ場

いや~寒くなりました。この季節になると家から出たくなくなりますね。

だからといって家にこもっていると・・・だんだんデブになる。

だから、僕はゴルフにいくようにしています。

しかも、あまりカートには乗りません。ティーショットを打ったら

セカンド地点まで歩いてゆきまます。このパターンで1ラウンドをプレーすると

10km以上歩く計算に!どうです?こんな健康によいスポーツはありません。

しかしです。問題は寒さです。

気温は10度を下回ります。さらに12月を過ぎれば、氷点下なり地面にティが刺さりません。

まあ凍っているわけで!もしもですよ。北風がふいたらどうなるか?

これは体験したした人にしか分からないと思いますが、寒いだけじゃありません。

手の指先が冷えて、シビレます。

まったく感覚もなくなり、休憩の時にお湯に手をつけても30分も感覚が戻りません。

だから冬のゴルフは人気がないんですね。

ところで、明日はゴルフなんですが、天気と気温はどうだろう?と天気予報をチェック。

朝方は、6度まで気温が下がり、日中でも13度くらいしか上がらないと言っています。

でも、天気は曇りで、風もないというので安心したのですが、それより驚いたのは

沖縄の気温です。もう11月20日です。北海道や青森では雪が降っているんですよ。

なのに天気予報では、那覇の気温が27度と言っています。

おいおい!27度って真夏の気温じゃん。ゴルフに行ったら、暑くて汗をかく気温です。

ああ~一度でいいから沖縄でゴルフをしてみたいな~

お酒を飲みながら、インターネットで沖縄のゴルフ事情を調べてみました。

すると色々な方が沖縄のゴルフの話をしています。

やっぱり1年中ゴルフができるので、人気のスポーツなんですね。

そして、一番面白かったのがコレ ⇒ 沖縄おすすめゴルフ場はココだ!

沖縄では、居酒屋やスナックが毎月のようにゴルフコンペを行っている話が紹介されています。

お店のお客さんをゴルフを楽しみ、夜はお酒を飲んで語り合うそうです。

いいですね!そんなコンペなら毎月出席したいと思うのですが僕も出席できるかな?

沖縄に行きたいよ~!俺も仲間に入れてくれ~。

カテゴリー
海の旅

海を見に行くならどこへ行く?

みなさんは海が見たくなったら、どこへ行きますか?

僕が東京に住んでいた頃は、夜中に車を飛ばして葉山や小田原に行ったり

伊豆半島を一周したりしました。そうそう千葉の海も行ったね。

でも今は、沖縄に住んでいるので、目の前が海!

こりゃ凄いとみんなに言われるけど

海も見慣れてくると生活の一部になってしまい。

昔のような感動は薄れてゆく。

これって寂しいことですよね?