カテゴリー
スキー場 温泉旅行

大正ロマンを感じる温泉街で外湯巡りができる信州渋温泉

おおくの温泉がある県と言えば信州長野県を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。今回はその長野県の中でも大正ロマンを感じさせる温泉「渋温泉」を紹介します。

渋温泉は、長野県でも群馬県に近い北に位置する北信濃の下高井郡山ノ内町にあります。
山ノ内町は、横湯川、夜間瀬川が流れており、その流域には、安代温泉(あんだい)、角間温泉(かくま)、上林温泉(かんばやし)、沓野温泉(くつの)、渋温泉(しぶ)、新湯田中温泉(しんゆだなか)、星川温泉(ほしかわ)、穂波温泉(ほなみ)、湯田中温泉(ゆだなか)の9つの温泉があり、その一帯を湯田中渋温泉郷と言います。渋温泉はその温泉郷を代表する一つです。

渋温泉は、沢山の団体客が宿泊できる大型宿泊施設もありますが、街には細い石畳の道があり、そこには大正から昭和初期に建てられた木造建築の旅館が立ち並びます。
その街並みに入ると、格子窓に土壁・・・明治・大正時代を感じさせてくれる、現代とは離れた日本の古き良き時代のノスタルジックな町並みが続いてます。

そんな渋温泉の一番の魅力は、そんな街並みを浴衣を着て散歩しながら外湯巡りができることです。

温泉街には、地元の人が利用している9つの外湯があります。その外湯は渋温泉に宿泊されているお客さんにも開放しており無料で入浴することができます。

通常は、どの外湯にも共同の鍵がかけられていますが、渋温泉に宿泊するお客様には共同鍵が渡されその鍵をもって自由に温泉巡りができるのです。

その9カ所の温泉巡りを『厄除巡浴外湯めぐり』と言い、宿泊している旅館で祈願手ぬぐいをもらい、各温泉にあるスタンプを押しながら9つの外湯をめぐります。

そして、最後に九番目の大湯の前の高台にある渋高薬師を参詣して印受してもらうと満願成就。 九(苦)労を流し、厄除け、安産育児、不老長寿のご利益があるといわれています。

【9つの外湯】
一番湯・初湯
二番湯・笹の湯
三番湯・綿の湯
四番湯・竹の湯
五番湯・松の湯
六番湯・目洗い湯
七番湯・七操の湯
八番湯・神明滝の湯
九番湯・大湯

渋温泉に宿泊しない人も一番大きな九番湯・大湯のみ10:00~16:00まで利用する事ができます。入浴料は500円で渋温泉旅館組合事務所または渋温泉駐車場で入浴券を買うことができます。

その他に、日帰り入浴が可能な「信玄かま風呂」と「石の湯」の2つの施設があり、信玄かま風呂では蒸し風呂を楽しむことができます。

また、渋温泉の近くには温泉に入るお猿さんを見物することができる事で人気の地獄谷野猿公苑や19のスキー場や80のゲレンデがある志賀高原スキー場があります。温泉だけではなくウィンタースポーツも楽しむことができます。
おんなアク

カテゴリー
温泉旅行

プロがススメる絶対に失敗しない宿選び!

元々、旅行が好きでやじゃらんを志望し、現在、旅行専門雑誌「じゃらん」の統括編集長 大橋菜央さんがすすめる絶対に失敗しない宿選びを林修の初耳学で伝授!

大橋さんは、1年間でチェックするホテルや旅館は年間12,000軒!仕事、プライベートを合わせると1年間で100泊位、ホテルや旅館に泊まって、自らも足を運んで宿の情報を収集しているそうです。

そんな、大橋さんいわく、旅行のプロが口コミサイトをチェックするときは、その宿に泊まったお客さんの感想ではなくで、口コミの下の欄の宿からの返信をチェックするそうです。

口コミサイトはここをチェックしろ!

その理由は、口コミは個人の感覚なので、その時の感情に左右されることが多い。ですが、宿からの返信は宿の直接の意見が書き込まれているので、宿側のサービスに対する姿勢が表れやすいそうです。

大橋さんが絶賛しているのが口コミサイト返信は日本一の宿が、新潟県南魚沼郡の越後湯沢温泉にある湯沢グランドホテル。

そのホテルは川端康成原作の『雪国』の舞台になったホテルなんだそうですが、サービス、料理、温泉が全てが高いレベルなんだそうです。

口コミサイトに一言書かれていた要望を、直ぐにプリントアウトして、フロントなどのスタッフに配り、その要望を実施しました。と改善内容が返信に書き込んであったそうです。こういった宿は、サービスのレベルが高い宿の可能性があるんだそうです。

また、大橋さんは、訳あり宿を狙えばお得な価格で泊まることができるそうです。

例えば、オープンしたばかりの宿などは、お試しと言う事でプレオープン期間を設けているところが多く、2名の予約をしても料金は1名は半額料金などの格安で泊まれることがあるので、オープンしたばかりや工事中はお得なんだそうです。

現在、旅行サイトでは、訳ありプランを組まれているサイトもあるそうです。探してみるといいですね。

カテゴリー
海の旅

観光客や移住者が急増中の種子島の魅力

東京から5時間で行ける鹿児島県種子島が今観光客が急増している人気の観光地になっているそうです。

その理由の一つが、宇宙開発や研究を行っている機関でJAXAが管理している施設種子島宇宙センター。

建物によっては一般の人が自由に入る事が可能で中には、宇宙ステーションの模型や実物のロケットをまじかで見ることができます。

そこにはJAXA職員用の食堂があり、一般の人も利用が可能。そしてロケットの打ち上げの日には、東京や大阪など全国から打ち上げを見に種子島にこられています。

また、日本最大の世界一美しい射場と称される種子島宇宙センターの景色とともに、ロケットの打ち上げを見ることもできツアー見学は無料です。

もう一つの種子島の人気の理由はサーフィンができる海。

種子島には15カ所のサーフィンスポットがあり、東京、広島、大阪など全国からこの波を求めてやってきたサファーがあり、一度種子島に観光で来た人が、海の魅力に魅せられて移住者も増えているそうです。

カテゴリー
海の旅

沖縄でウィンターイルミネーションを楽しむならカヌチャリゾート!

沖縄の北部やんばるの壮大な森と東海岸のきれいな海が広がるローケーションに建っているのがカヌチャリゾート。

約80万坪の広大な敷地には8つのタイプのホテル棟と沖縄屈指のゴルフコースがあり、プール、スパなどのアクティビティが充実した大型リゾートホテル。

12月のカヌチャリゾートの楽しみと言えば、カヌチャリゾートの広大な敷地の中でウィンターイルミネーション『スターダストファンタジア』が開催されています。

『ガーデンプールスクエア』と『ルミナスガーデンエリア』の2つのエリアに分けて、そのシーズンに合わせた限定のイルミネーションやイベントが用意されています。

ガーデンプールスクエアでは、県内初の3Dプロジェクションマッピング×イルミネーションのコラボレーションが行われており、幻想的な不思議な世界を体験する事ができます。

3Dプロジェクションマッピング×イルミネーションのコラボレーションは2017年2月14日まで。2017/2/15(水)~2/28(火)は、3Dプロジェクションマッピング単体での上映となるそうです。

もう一つのスターダストファンタジアでは、4つの期間に分けて、イベントやアトラクションが用意されています。

11月1日~11月30日までは、ひと足早いクリスマス気分が味わえる『アーリークリスマス』
12月1日~12月25日までは、 ロマンチックなクリスマスを彩る『スイートクリスマス』
12月26日~1月14日の期間は、新しい年の到来を喜ぶ『ハッピーニューイヤー』
そして、1月15日~2月14日までは大切な人との『スイートバレンタインデイ』

南国沖縄のカヌチャリゾートで大切な人とのかけがえのない思い出を作りませんか。

カテゴリー
神社

紅葉の季節に大人気の鎌倉と鶴岡八幡宮

年間2200万人が訪れ、源氏ゆかりの地として知られている鎌倉。

その中でも紅葉の季節、観光客が訪れる人気スポットの代表と言えば鶴岡八幡宮です。

源頼義が源氏の氏神として京都の岩清水八幡宮を祀り、その後、源氏を再興した源頼朝が現在の形にしたとつたえられています。ま境内には源氏池、舞殿、白旗神社など、歴史的建造物があり数多くあります。

また、鎌倉のお土産のお菓子と言えば鳩サブレーが有名ですが、これは鶴岡八幡宮の八の字が鳩の形になっていて、そこから鳩サプレーが誕生したんだそうです。

その他にも鎌倉には約120の寺院があるそうです。その中でトップ5がランクで格付けされているそうで、それが鎌倉五山と言います。

これは、幕府がお寺の力を上手にコントロールして利用するために設けた制度。幕府が上位5位までのお寺を決め、その下にはその他のお寺を置いて5つのグループにお寺を分けて管理をしていたそうです。

序列制度を作ることで、頑張ったお寺はランクが上位に行く事ができ、お寺同士を競争させることで幕府に刃向ってこないようにコントロールしていたんだそうです。

その鎌倉五山のトップ5が
1位 建長寺
2位 円覚寺
3位 寿福寺
4位 浄智寺
5位 浄妙寺

実は、お寺の多い京都にも京都五山があるそうです。
1位 天龍寺
2位 相国寺
3位 建仁寺
4位 東福寺
5位 万寿寺

この、京都五山の上に南禅寺が別格として置かれているそうです。