紅葉の季節に大人気の鎌倉と鶴岡八幡宮

年間2200万人が訪れ、源氏ゆかりの地として知られている鎌倉。

その中でも紅葉の季節、観光客が訪れる人気スポットの代表と言えば鶴岡八幡宮です。

源頼義が源氏の氏神として京都の岩清水八幡宮を祀り、その後、源氏を再興した源頼朝が現在の形にしたとつたえられています。ま境内には源氏池、舞殿、白旗神社など、歴史的建造物があり数多くあります。

また、鎌倉のお土産のお菓子と言えば鳩サブレーが有名ですが、これは鶴岡八幡宮の八の字が鳩の形になっていて、そこから鳩サプレーが誕生したんだそうです。

その他にも鎌倉には約120の寺院があるそうです。その中でトップ5がランクで格付けされているそうで、それが鎌倉五山と言います。

これは、幕府がお寺の力を上手にコントロールして利用するために設けた制度。幕府が上位5位までのお寺を決め、その下にはその他のお寺を置いて5つのグループにお寺を分けて管理をしていたそうです。

序列制度を作ることで、頑張ったお寺はランクが上位に行く事ができ、お寺同士を競争させることで幕府に刃向ってこないようにコントロールしていたんだそうです。

その鎌倉五山のトップ5が
1位 建長寺
2位 円覚寺
3位 寿福寺
4位 浄智寺
5位 浄妙寺

実は、お寺の多い京都にも京都五山があるそうです。
1位 天龍寺
2位 相国寺
3位 建仁寺
4位 東福寺
5位 万寿寺

この、京都五山の上に南禅寺が別格として置かれているそうです。