カテゴリー
花見

【2018年】桜マニアおすすめの東京の桜の穴場

桜を追って23年の桜マニアの中西一登さんがTV番組『サタデープラス』に出演し東京都内の桜がきれいな穴場の名所を紹介しました。その内容を記載しています。

■新宿にある戸山公園
ここは、桜の時期にTVの取材を申し込んでも、来園されるお客さんの迷惑になるからと取材の許可が下りなかった桜の名所。今回、初めて朝のテレビの取材だからという事で特別取材がOKになったとの事でした。

桜マニアの中西さんが特におすすめの場所は、箱根山と言う人工で作った小さな築山を登ったところ。そこから見ると目の高さの桜が360°の桜を見ることができます。

桜は夜栄養を吸って、朝はみずみずしい桜を見ることが出来るので朝桜を見るのがおススメ!

■駒込の六義園の夜桜
六義園は江戸時代からある庭園。さくら茶屋の前に咲くしだれ桜(品種:エドヒガン)の高さは約15メートル、幅は約20メートル。今週水曜日からライトアップを開始。ライトアップされたしだれ桜は見事。

桜の種類で桜が咲く順番は、しだれざくら⇒ソメイヨシノ⇒八重紅しだれ、この順番で桜は咲くそうです。

平成30年3月21日(水曜日・祝日)~4月5日(木曜日)
9時00分~21時00分(最終入園は20時30分)

入園料:300円 ※ライトアップは4月5日まで。

カテゴリー
花見

【2018年】インスタ映えする桜の名所|「サタデープラス」で紹介

今年も桜のシーズンがやってきました。Tv番組「サタデープラス」では、桜の事を知り尽くした達人が出演し今年注目されるだろうインスタ映えする桜の名所を紹介していました。

桜色に染まるトンネル

滋賀県甲賀市にあるミホミュージアム。ここでは美術品だけでなく建造物も全てアートな美術館として人気。

その、ミホミュージアムにあるトンネルから見る桜がインスタ映えすると注目されているんだそうです。

トンネルはステンレスで出来ていて、満開に咲いた桜の花のピンク色が反射してトンネルの全体が鮮やかなピンク色に染まります。

例年の見ごろは4月中旬頃。詳しくは公式ホームページで確認してくださいね。MIHO MUSEUM公式ホームページ

ハートに見える桜

京都の宇治茶の産地として知られている京都府宇治田原町に町を見下ろす高台に800年の歴史がある正寿院(しょうじゅいん)というお寺があります。

そのお寺にある和室の猪目窓がハート型にくり抜かれていて、そこから見る桜がハート型でとてもかわいいと話題になっています。

今年から夜の桜のサイトアップが開催されることになりました。桜の見ごろは4月の中旬。1日50人限定で完全予約制なので急いで予約した方がいいかも。正寿院公式ホームページ

今年桜の新種を確認

今年の3月に国内の野生種として100年ぶりの新種の桜が和歌山県で確認されました。その桜が「クマノザクラ」

クマノザクラの特徴は、他の桜と比べて花が鮮やかなピンク色をしています。開花の時期も3月中旬~4月上旬までと少し早いのが特徴です。

日本で有名な桜と言えばソメイヨシノですが、日本で咲いている桜の8割がこのソメイヨシノだと言われています。

実は、クマノザクラのような野生種が国内に分布する種類は13種しか確認されていないそうで、その中の10種が東京で確認できるそうです。※種の分類には諸説あり

【東京で見られる桜の野生種10種】
ヤマザクラ・・・皇居外苑の北の丸公園など
マメザクラ・・・多摩地区
エドヒガン・・・八王子など
ホシザクラ・・・町田・八王子
カスミザクラ・・・多摩地区
ヤブザクラ・・・町田・八王子
オオシマザクラ・・・多摩地区など
オオヤマザクラ・・・奥多摩
チョウジザクラ・・・多摩地区
タカネザクラ・・・奥多摩

ソメイヨシノはクローン!?

ソメイヨシノは、江戸時代に野生種のエドヒガンとオオシマザクラの2種類がかけ合わせて出来た桜だと言われています。

そのソメイヨシノですが、タネで自然に増やすことができません。ソメイヨシノを増やすために人工的にソメイヨシノの枝を他の桜にさしこんで「つぎ木」という方法で苗を作って増やしてきたクローンだと言う事が分かっています。

本土では桜の開花の時期です。桜の開花の発表の基準となる標本木は全国に58地点で観測されています。

東京ではソメイヨシノの開花の基準となる標本木は靖国神社にあります。5~6輪咲いていれば開花が発表されます。今年の2018年は3月17日に東京でソメイヨシノの開花が発表されました。