カテゴリー
海の旅

【サタデープラス】大泉洋が一押しのイカゴロルイベが食べられる帯広のお店は?

TV【サタデープラス】通称サタプラで俳優の大泉洋さんが帯広に行ったら必ず立ち寄るお店と言っていた北海道帯広のイカゴロルイベが食べられるお店は『炉ばた魚千』。帯広駅北口から徒歩5分という立地。

大泉さん一押しのイカゴロルイベですが、イカのワタを醤油漬けしてイカの胴に詰めて冷凍にした珍味。ですがこのメニューは、生イカが獲れた時しか食べれないそうです。

しかし、その他に新鮮な野菜や魚介類が食べれるメニューが豊富にあるので、いつも地元の人で一杯。なかなか予約がとれないんだそうです。

中でも一番の名物が、大泉洋さんが「クソババァー」と呼ぶとい言う女将さんです。面白い!カウンター席から目立つ所にあるメニューが書かれたホワイトボードには、メニューの最後に「私(時価)」と書いてある。女将さんいわく「今が旬なので高いです。」との事。お茶目!一度話してみたくなりますね。

■炉ばた「魚千」
・住所:帯広市西2条9-20
・電話:0155-25-1569
・営業時間:17:00~23:00
・定休日:第2・4日曜

カテゴリー
食べ物

【サタデープラス】北海道帯広のソウルフード『白スパサンド』

TV【サタデープラス】で紹介していた北海道帯広名物「白スパサンド」。

1日500個も売れるという、帯広では知らない人はいない有名なサンドイッチなんだそうですが、そのパンをつくって販売しているのが創業1950年の老舗『満寿屋』さん。

原材料は地元産を使う事にこだわっており、水は大雪山の雪解け水を使い、小麦粉は十勝産、バター、あずき、牛乳、などの素材も地元のものを使用しているそうです。

その 満寿屋さんの看板メニューが「白スパサンド」なんです。

パンに挟んであるのは、細いパスタと細かく切った野菜を秘伝のカラシマヨネーズで和えたスパゲッティー、それを食べやすく細かくカットされパンに挟んであります。

同じようにナポリタンをパンではさんだ通称『赤スパサンド』ナポリタンサンド も人気があるんだそうです。

このサンドイッチのオススメの食べ方はトースターで両面をこんがり焼いて食べる方法。食感がサクサクして美味しいそうです。

満寿屋には、このほかにも絶品だと人気のカレーパン、山クリームパン、あんぱん、あんドーナッツなどの定番のパンから、満寿屋さんオリジナルのパンなど豊富な種類が沢山!

帯広で4店舗も展開しているそうで、帯広に行ったときは是非立ち寄ってみたいですね。

■満寿屋本店

住所:帯広市西1条南10丁目2
連絡先:0155-23-4659
営業時間:8:00~18:00(月~土) 8:00~16:00(日)

ところが、東京でもこの満寿屋さんのパンが味わえるんです!

■満寿屋商店 東京本店
住所:東京都目黒区八雲1-12-8 鶴田ビル1階
連絡先:03-6421-2604
営業時間: 8:00~19:00
定休日:火曜, 水曜, お盆,年末年始
アクセス:都立大学駅から徒歩5分、自由が丘駅から徒歩15